第30回
三入公民館まつり

▼三入女性会様に食材をご提供!

季節はすっかり秋になりましたね。秋はバザーやイベントの季節です。

 

 

三田製麺所では、バザーやイベントでうどんやラーメンなどのお店を出される方向けに、食材のご提供や寸胴・テボ・しゃくなどの器材の貸し出しを行っています。(詳しくはこちら

 

 

この季節になると各地でお祭りやイベントが開催され、色々な団体の皆様から食材・器材のご提供についてお声がけいただいています。

 

 

そんな中10月24日にバザー・イベントのお手伝いとして、三入公民館で開催された「三入公民館まつり」に行ってきました。

 

 

三入公民館祭30th_01三入公民館祭30th_チラシ

 

 

三入公民館まつりは公民館での学習活動の成果を披露したり、地域の交流の場として毎年開催されています。

 

昨年は土砂災害の影響もあり、開催が見送られましたが、今年は無事開催されました。

 

 

 

今回三田製麺所が出店のお手伝いをするのは、「三入女性会」様です。

 

 

例年三入公民館まつりにラーメン店をご出店されており、今年もご依頼をいただきました。

 

 

三入公民館祭30th_02

 

 

三入女性会様は地域のボランティアグループとして活動されており、その活動は戦時中の頃から続いているのだとか。

 

 

社会福祉協議会のお手伝いや、一人住まいのお年寄りへのボランティア活動を行われています。

 

 

時代の流れで会の名称が変わったり、ボランティア活動の内容を見直したりしつつ、助け合いの精神のもとに活動を続けられています。

 

 

お話をうかがうと、仕事や子育てなどで活動にあてる時間が取れないため、会に若い人が入ってこないという問題があり、存続が今の課題ということでした。

 

 

今後の地域のつながりを大切にするためにも、存続の課題が解消されてほしいものですね。

 

 

 

 

 

今回の三入公民館まつりには14名の三入女性会のみなさんが参加され、みなさんかっぽう着をまとって、いそいそと開店準備をされていました。

 

 

三入公民館祭30th_03

 

 

三田製麺所からは麺やスープなどの食材はもちろん、寸胴・コンロ、てぼ・しゃくといった器材もご準備いたしました。

 

 

三入公民館祭30th_05三入公民館祭30th_04

 

 

三入女性会様のお出しするラーメンは毎年好評で、美味しく食べていただいているとのことで、その秘密はスープにあるのだとか。

 

 

弊社からご提供しているスープはそのままでもお使いいただけるのですが、ここにひと手間加えて、独自の味を作り上げてお出ししているとのこと。

 

 

拝見していると、寸胴で温めているスープにさらに味付けをして、入念に味見をされていました。

 

 

どんな味なんだろうと、三入女性会様のラーメンをいただいてきました。

 

 

三入公民館祭30th_10

 

 

麺のゆで加減はばっちりで、歯ごたえやのどごしをしっかり感じられ、弊社の麺を美味しく仕上げていただいていました。

 

 

そしてスープは、しょうゆベースのラーメンスープにまろやかさと優しい口当たりが増して、後味にも美味しさの残る三入女性会様のオリジナルスープに変身していました!

 

 

三入女性会様のラーメンは「母の味」を連想させる、そんなラーメンでした。

 

 

 

 

 

お店の方は、開店からラーメンを求めてのお客様も多く、次々と注文が入っていました。

 

 

三入公民館祭30th_06三入公民館祭30th_07

 

三入公民館祭30th_08三入公民館祭30th_09

 

 

昨年は開催されなかったものの、これまで出店されてきた経験からとても手際よくラーメンをお出ししていました。

 

 

ラーメンを食べているお客様も口々に「美味しい!」と言っておられ、好評を目の当たりにできて私もなんだかうれしく思いました。

 

 

また来年も三入女性会様のラーメンを食べたいですね!

 

 


 

 

三田製麺所では、各種食材や器具の貸し出しなどの「バザー・イベントのお手伝い」を承っております。

 

 

寸胴・テボ・しゃくなどの各種機材や、麺・だし・かまぼこ・ネギといった食材、使い捨てどんぶりや割り箸に至るまで、うどんやラーメンなどを作るときには欠かせない品々を、一式ご提供するサービスを行っております。

 

 

くわしくはこちらのページをご覧いただくか、三田製麺所までご連絡くださいませ。